Profile

<プロフィール>



ココロのリリース代表  三溝 幸希(さみぞ ゆき)

 

5月8日 福岡県生まれ。

ごくごく普通の一般家庭の長女として生まれる。

当時では珍しく両親は共働きでしたが、

近所にいるおばあちゃんがいつもそばにいてくれて、何不自由なく育つ。

 

 

周りからも【仲良し親子】としてみられ、どこに行っても

私は【いい子】として見られることが多かった。

しかし、数ヶ月に1回か、数年に1回、母親と

とてつもない大きな喧嘩を繰り返してはいた。

 

 

1度、大きな喧嘩をした時に、私がキレて、

実家から約30キロ近く離れた自分の部屋に歩いて帰ったこともある。

(「駅に行くと、捕まるかも!?」って思って、

捕まらないように…と道を選んで歩いていたら、部屋までついてしまったw)

 

 

が、何度もいうが、どこにでもあるような、

ごくごく普通の一般家庭で育った。

 

 

***

 

 

短大卒業後、特にやりたいこともなく、まわりに流されるまま一般OLへ。

 

 

趣味で習っていたピラティスのインストラクターの資格を取ったり、心理学を学んでみたり…

年に数回、自分へのご褒美&老後移住地探しと称し海外旅行へ行ったり・・・

と好き勝手なお気楽OL生活を満喫。

 

 

そんな中、2008年9月、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻し、

当時自動車関連会社に勤めていたのですが、その影響で月22日の出勤が半分に・・・

「バイトでもしろ!」と言われたものの、そんな都合よく雇ってくれるバイト先もなく、

「結婚したら、おうちサロンをでもしたいな~」と思っていた計画を前倒しにして、実行。

ということで、仕事をしながら横浜のフットケアの学校へ通学。

 

 

 

約1年通い続け・・・、

OLの仕事をしながら、二束のわらじで頑張ろう!と思った矢先、会社が移転!!!!

 

 

悩んだ挙句、「チャンスだ!」と腹をくくり、

2010年4月 フット&ボディケアサロン khaang cay をopen!!

日々、カラダのキレイと健康を目的に、足からの健康を考え、

足を揉むことで体調が整っていくお客様の姿をみていく中で、

足の持つチカラや足の大切さ、重要さを実感する。

 

 

 

そんな中、足裏分析、トウリーディングに出会い、足裏にはカラダの状態が、

足の指には感情(ココロ)が映し出されていることを知る。

『足はココロとカラダをうつす鏡』だということを実感し、

カラダのことだけでなく、ココロについても深く興味を持つようになる。

 

 

と同時に、仕事やプライベートで【人に振り回される、利用される】

【NOと言えない】【いつもいつも我慢をしている感じに苦しくなる】など、

いろんなストレスを受け、辛くなったことをきっかけに、NLP・心理学、ビリーフチェンジを学び出す。

 

 

だが・・・・。

 

 

***

 

 

このことをきっかけに、薄々気づいてはいたんだが、

接客業というのに実は自分が【人付き合いが苦手】、【人が怖い】という問題を目の当たりにし、

【共依存】、【自分のことより人のお世話がやめられない】【よく人に裏切られる】、【人の評価が怖い】、【自己評価が低い】

【NOが特定の人に言えない】、【人の目が気になる】…など隠していた自分の問題に直面化していく。

 

 

また、いつも同じパターンで人や異性とうまくいかない、いつも同じパターンで失敗する…など

無意識に繰り返しているパターンにも気づき、

 

 

そして、いろんなことに満足感や達成感を常に感じられずいつも苦しく感じていた【虚無感覚】を埋めたくて、

いつもいつも自分が頑張っていたことにも、気づいていく。

 

 

そんな今までずっと隠していた問題に一つ一つ、気づき、向かい合って、自分の問題を解決していくこととなる。 

 

 

そんな中、出会ったビリーフ チェンジで

【悩みの原因は、自分の中にあり、自分で解決できる!】ということを実感した瞬間、とても救われる気持ちにもなり、

一つずつ問題を解決していくことに取り組んでいった。

 

 

そうして、一つずつ解決していくことで、その都度、《今まで悩んでいたこと》、《苦しく感じていたこと》、

《なかなかうまくいかなかったこと》などが少しずつ減っていき、以前よりも心軽く、楽に、楽しく生きれるようになった。

 

 

そうして、だんだんと【幸せを感じること】も増えていった。

 

 

 

 

<心理を学んだり、セラピーを受けていくことで>

 

何不自由なく、一般的な家庭で普通に育ってきたとばかり思っており、それまでこれといった大きな問題があったわけでもない、

「それなりに小さい悩みがあっても、自分には問題やトラウマといった、悩みはない…」

自分は恵まれた環境で育ったし、ひどい家庭なんて他にたくさんあるはず…

そう思う反面、なぜだかちっとも幸せではなくて、辛く、悲しく感じることの方が多かった。

 

 

自分より不幸な人を見て、「自分はマシだ」「不満を言ってはいけない」と思いたかったのかもしれない。

 

 

でも、心理を学んだり、セラピーを受けていくことで、自分の苦手なこと、過剰に意識してしまったり、

やめられない行動、ついやってしまう行動、急な緊張や動機など、

 

 

私の中の「なんでいつもうまくいかないの?」「なんでできないのだろう?(やめられないのだろう?)」

「なんで人とトラブルを繰り返すなのだろう」と思っていたことや生きにくさ、虚しさ、生きてる実感が

欠けていることなどの原因がわかっていくのは、不安から少し抜け出せて、少し安心感を得るようだった。

 

 

また、問題を一つずつ解決していくことで、その都度、自分の気持ちと体調と環境が変わっていき、楽しく感じることや

幸せを感じることが増えて行ったことはとてもよかった。

 

 

いろいろ悩み、苦しんだけれども、【これまでの人生は自分が作ってきたんだな】

逆を言えばこれからの人生は自分で作ることができるんだ!】ということが腑に落ちたとき、とても救われる気持ちだった。

 

 

「諦めなくてよかった^^」って。

 

 

まだまだわたしも、成長過程ではあり、解決したい悩みもあるけれど、

これまでの自分の失敗と経験を活かし、悩んだり苦しんだり、困っているいる人のなにかお役にたてれば…という想いから、

カウンセリング・セラピーをはじめる。

 

 

変わりたいと願ってている人、成長したい、今の苦しみから抜け出したいと思っている人…etc

一緒に問題解決にむけアプローチしできればと思っている。

 

 

 

<そして現在…>

 

「健康で幸せな毎日を過ごす」をテーマに

 

心理カウンセリング・セラピーとともにリフレクソロジーとピラティスを行い、「癒し」「整え」「鍛えていく」という視点で

「ココロとカラダを整えるセラピスト」として活動中。

 

 

 <わたしのこと>

趣味:占星術、引き寄せ、旅行、ダイエット、足つぼ  etc

特技:どこでもすぐに寝ることができ、スパッと起きれること。

好きな外国:ラオス、タイ、ベトナム 、カンボジア

嫌いなこと:きれいごと

 

 

 

 

 

 

 

 

  Twitter

<ツイッター>